• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
東京フォーラム 2021 Shaping the Future 講演者 チェ・テウォン
講演者

CHEY Tae-Won

チェ・テウォン
韓国SKグループ会長
12月2日(木)
PROFILE
1998年からSKグループの会長であり最高経営責任者。力強いリーダーシップでSKグループのグローバルビジネスを、エネルギー、情報通信技術、半導体を主とした関連会社150社近くまで成長させた。代表的な実績のひとつに、世界3位のチップメーカーであるSKハイニックスの買収があり、最近では、電気自動車用電池、水素、バイオ医薬品の新事業開拓に投資。韓国最大の経済団体である韓国商工会議所(KCCI)の会長も務める。KCCIは、あらゆる規模、部門、国籍の大企業や中小企業約18万の会員企業を代表し、貿易振興の最前線に立ち海外政府や企業との経済的外交を行っている。チェ会長は、ボアオ・アジア・フォーラムと世界経済フォーラムに大きく貢献し、国際的政策の対話と学術交流を促進を目的とする組織であるChey Institute for Advanced Studies(CIAS)とKorea Foundation for Advanced Studies(KFAS)の会長でもある。北京、上海、南京、ハノイ、東京、バンコクを含むアジア各地でのマルチステークホルダーフォーラムの開催を通して地域連携を強化。2014年、社会的企業のための環境づくりの重要性を強調した「New Attempt: Social Enterprise」を執筆し韓国で出版され高い評価を得る。2019年、スタンフォード大学と共同執筆をしたビジネスケースの中で、企業成長の基盤として、ESG(環境・社会・ガバナンス)に対するSKグループの革新的なアプローチを紹介した。韓国ハンドボール連盟の会長。アジア・オリンピック評議会の取締役員。高麗大学で物理学学士課程修了、シカゴ大学で経済学部博士課程修了。
expand_less