• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
東京フォーラム 2021 Shaping the Future 講演者 パク・イングク
講演者

PARK In-Kook

パク・イングク
Chey Institute for Advanced studies院長
元大使、国際連合常駐代表
韓国高等研究財団 前会長
12月3日(金)
PROFILE
2008年から2011年にかけて韓国の国際連合常駐代表、また駐ジュネーブ・駐クウェートの大使を務めた。
1978年に外務省に入省し、米国、ブリュッセル(EU韓国代表部)、サウジアラビアなどで外交官を務めた。外務省では、2002年から2003年には、韓国大統領国際安全保障秘書官、軍縮・原子力第2課課長、2006年に政策担当外務審議官・国際機関外務審議官、軍縮・原子力第2課課長、2007年に多国間・地球規模課題担当外務審議官を歴任。
数々の重要な国際機関において主導的な役割を果たし、2004年ジュネーブ軍縮会議議長、2009年から2010年にわたり国際連合総会第二委員会会長(金融、経済、開発、環境)などの要職につき、また、持続可能開発に関する国連会議(国連持続可能な開発会議「リオ+20」)の準備委員会共同委員長を務めた。
ソウル大学校で1975年に中国語・中国文学部学士号、1980年に法学部修士号を取得。同大学で客員教授として講義。現在、高麗大学校で客員教授を務めている。
expand_less