東京フォーラム 2019 Shaping the Future

パラレルセッション④

テーマ

デジタル革命
日 付
12月7日(土)
時 間
10:00-17:30
会 場
工学部2号館:工学部213室
使用言語
英語(同時通訳なし)
モデレーター
セッション コンセプト
IoT、AI等を活用したデータ駆動を基軸とする知識集約型社会が訪れつつある。このような大きな変革を好機ととらえ、インクルーシブな社会を実現するためには、ビッグデータの扱いと、どのような「価値」を創造するのかが重要になる。従前は、どのような「もの」をどのようにして作るかが議論の焦点になっていた。

セッション1では、デジタル革命は経済にどのような革命をもたらすのか、また、どのようなシステムが求められるのか、さらに、物・サービスをより広い範囲にまで提供するために、この新しいシステムをどのように役立てるのか、SDGsの達成目標のひとつである「つくる責任、つかう責任」をQOLの向上を目指しつつどのように考えるべきかなどについて議論する。

セッション2では、健康福祉医療分野において、AIを活用したシステムはどのようなものか、その動向と将来に向けて検討すべき課題等について議論する。

セッション3では、ものづくり分野や健康福祉医療分野における先端科学技術的な側面からの動向や課題を踏まえて、デジタル革命がもたらす社会への影響について、より社会科学的、人文学的な側面、すなわち、経済、法制度、政策、倫理の側面から議論する。

アジェンダ

セッション1
10:00-12:00 IoT, AI and Hardware Industries (Value Creation: Responsible Consumption and Production (Goal 12 in SDGs))
モデレーター:
光石 衛(東京大学教授)
ジアン・チャオ(ノースウェスタン大学教授)

Products have been the center of the value in the capital intensive society until now. An inclusive society is expected to be realized by promoting the ever progressing knowledge-intensive society. Creation of new values is necessary in such knowledge-intensive society with the use of data and its application indispensable to realize such a society. From these points of view, the latest technological trends of AI, IoT, Robotics and Big Data, its effect on the economy, how we consider the value creation including services, the relation with the mind and soul, as well as ‘Responsible Consumption and Production’ are discussed in this session.

【スピーカー】
  1. 藤本 隆宏(東京大学大学院経済学研究科教授)
  2. 松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科教授)
  3. フィリップ・ウォン(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング・カンパニー(TSMC) バイス・プレジデント)
  4. 染谷 隆夫(東京大学大学院工学系研究科教授)
  5. 暦本 純一(東京大学情報学環教授)
  6. フランク・ビニョン(エアバス社エアバス・ジャパン副社長)
  7. フリッツ・クロッケ(フラウンホーファー研究所、シュトゥットガルト大学教授(ドイツ))
  8. 森 雅彦(DMG森精機社長)
  9. ナム・ギョンピル(元京畿道知事(韓国))
セッション2
13:30-15:00 AI and Healthcare
モデレーター:
クォン・ドンスー(韓国科学技術院(KAIST)教授)
佐久間 一郎(東京大学大学院工学系研究科教授)

Application of AI technology in medical area is becoming widely spread. For instance, improvement of effective and reliable medical image diagnosis by the assistance of AI is expected. The data obtained from the daily diagnosis is dealt as big data, and from where useful information is extracted automatically using AI. The feature of the AI embedded medical devices and systems, risks which should be considered, how it should be appropriately used, ethics and responsibility of the AI medical system are discussed.

【スピーカー】
  1. パオロ・ダリオ(サンタアナ高等大学教授(イタリア))
  2. ラッセル・テイラー(ジョンズ・ホプキンス大学教授(米国))
  3. ピエール・ジャニン(レンヌ大学教授(フランス))
  4. 原田 香奈子(東京大学大学院工学系研究科准教授)
  5. 森 健策(名古屋大学教授)
  6. キム・デヒョン(ソウル国立大学教授(韓国))
セッション3
15:30-17:10 Social Science and Policy
モデレーター:
城山 英明(東京大学公共政策大学院教授)
江間 有沙(東京大学特任講師)

Application of AI technology in medical area is becoming widely spread. For instance, improvement of effective and reliable medical image di

After discussing about the applications of technologies in manufacturing and medical/health fields, crosscutting issues of governance of digital revolution will be discussed from social science perspectives. Crosscutting governance issues include ethics, changing works and lifestyles, competition among platformers, privacy, changing requirements for education and the future of global governance, etc.

【スピーカー】
  1. トニ・アースキン(オーストラリア国立大学教授)
  2. 曽毅(中国科学院脳知能研究センター副所長、教授)
  3. テイラー・レイノルズ(MITインターネットポリシー研究所博士)
  4. 大橋 弘(東京大学公共政策大学院教授)
  5. 米村 滋人(東京大学法学政治学研究科教授)
まとめ
17:10-17:30 Summary of Digital Revolution
  • 光石 衛(東京大学教授)
  • クォン・ドンスー(韓国科学技術院(KAIST)教授(韓国))
  • 城山 英明(東京大学公共政策大学院教授)

登壇者

ページトップへ
EN