東京フォーラム 2019 Shaping the Future

パラレルセッション①

テーマ

サステイナビリティに向けたトランスローカルアプローチ
- SDGsの時代の新しい協創スキームを目指して
日 付
12月7日(土)
時 間
10:00-17:00
会 場
理学部化学本館:5階講堂
使用言語
英語(同時通訳なし)
オーガナイザー
セッション コンセプト
「グローバルに考え、ローカルに行動せよ」とよく言われる。しかし、ローカルな価値観や感心はきわめて多様で、それらが常に全世界的なサステイナビリティを目指す思考や方策と方向を同じくするとは限らない。このセッションでは、人類が全体としてめざすグローバルサステイナビリティと多様で個別のローカルサステイナビリティの関係を議論する。ここでローカルとは地域的・文化的な個別性のみでなく、学問領域・宗教・職業などの個別性も含んでいる。このセッションの特徴は、サステイナビリティに関連する「ローカル」な課題について精力的に研究し、その分野を牽引している新世代研究者を招聘し、その中で新たな協創の形を探ろうというものである。以下のような問いがこのセッションの主題となる。1) サステイナブルな社会の構築のために、人類全体にもローカルなコミュニティにも長すぎるようなら受け入れられる共通の価値とは何か。2) ローカルなコミュニティの中で長い歴史を通して作られてきた土着的知識や内生的な価値は人類全体のサステイナビリティをめざす価値観と相容れるのだろうか。3) SDGsは人類全体にとっての包括的目標である。一方、ローカルな行動はそれぞれのローカルな事情で決まるものである。どうしたら、多様なローカルの事情を排除せずにサステイナビリティに向かって進むことが出来るのだろうか。
Key Questions
  1. What are possible common values that may be acceptable both for diverse local communities and for humanity as a whole to achieve sustainable society?
  2. Are indigenous knowledge and endogenous local values that have been cultivated through the long history of a community compatible with global sustainability thinking?
  3. SDGs are holistic goals for the entire humanity. Actual actions on the local level may be organized according to the local contexts. How should we manage the process towards sustainability without excluding diverse localities?
Format of Session
This full-day session consists of an introduction session, two sub-sessions and a concluding session. Each of the sub-sessions is represented by selected new generation researchers from different regions and disciplines who focus on sustainability aspects of certain local problems. An overall discussion session will be conducted among the presenters and some renowned commentators, followed by an open discussion with the floor. Invited speakers should be selected so that cultural, regional, and disciplinary diversity can be properly maintained. Presenters will be invited both from natural and social sciences and also from various regions in the world through The University of Tokyo’s strong academic network including IARU (International Alliance of Research Universities).

アジェンダ

Introductory Session
10:00- Introduction to the session
Session Coordinator: 味埜 俊 (東京大学教授)
10:05- Keynote Presentation 1
佐藤 仁 (東京大学東洋文化研究所教授、 総長特任補佐)
10:25- Introduction to the concept of “Trans-local approaches”
工藤 尚悟 (東京大学 助教)
Sub-session 1 – Trans-disciplinary and Trans-sectorial Perspectives
10:40- Chair of Sub-session
ザイナル・アビディン・サヌーシ (マレーシア 国際イスラム大学 センター長)
10:55- Invited Speaker 1
ダニエル・アシェッド (オックスフォード大学)
11:10- Invited Speaker 2
リ・ワンヒ (ソウル国立大学)
11:25- Invited Speaker 3
マヤ・プラーブ (イエール大学 准教授)
11:40- Commentator 1
レベッカ・グリンスパン (Secretaría General Iberoamericana 事務局長、元コスタリカ副大統領)
11:45- Discussion
Sub-session 2 – Regional and Cultural Perspectives
13:30- Keynote Presentation 2
ジョン・テヨン (延世大学 教授)
13:45- Chair of Sub-session
バリー・ネス (ランド大学 准教授)
14:00- Invited Speaker 4
菊池 康紀 (東京大学 准教授)
14:15- Invited Speaker 5
エレーン・ガベンダー (ケープタウン大学 講師)
14:30- Invited Speaker 6
ドリエリ・ペイエル (サンパウロ大学 研究員)
14:45- Invited Speaker 7
ワラチダ・チャイヤパ (チェンマイ大学 講師)
15:00- Invited Speaker 8
ジェームズ・プレスト (オーストラリア国立大学 上級講師)
15:15- Commentator 3
ヘレン・クラーク (元ニュージーランド首相、前国連開発計画(UNDP)総裁)
15:20- Commentator 4
沖 大幹 (国連大学教授)
15:25- Discussion
Concluding Session
16:05- Chair of Closing Session
佐藤 仁 (東京大学東洋文化研究所教授、 総長特任補佐)
16:10- Summary from Sub-session 1
カオ・ヴ・クイン・アン (東京大学)
16:15- Summary from Sub-session 2
ニコラス・イリオポウロス (東京大学)
16:20- Open Discussion initiated by overall comments by Commentators
16:45- Proposal for Future Work
バリー・ネス (ランド大学 准教授)
16:50- Summary and Conclusions
佐藤 仁 (東京大学東洋文化研究所教授、 総長特任補佐)
17:00- End of Session
Session Coordinator: 味埜 俊 (東京大学教授)

登壇者

ページトップへ
EN